途中解約するときの注意

途中解約する場合、回数割をして
残り回数分(施術していない回数分)を返金してくれるクリニックもあります。

返金できないので注意


しかし、多くのクリニックで「解約手数料」「違約金」「振り込み手数料」などを引かれてしまいます。
なかには解約条件が厳しく、「3回くらい脱毛すると、もう返金できるお金はありません!」というクリニックもあります。

こういうクリニックの場合は、数万円単位で損をしてしまいますので、カウンセリング時に必ず解約条件を確認しておきましょう。

エステサロンでは、全額返金される「クーリングオフ制度」があります。
しかし「医療クリニックには、クーリングオフ制度がない」ので注意してください。

クリニックはエステサロンとちがい「医療行為」をするところです。
病院へ行って、治療をしてもらったのに「お金を返して」とは言いませんよね。

それと同じで、クリニックでの脱毛は医療行為のため
たとえ先払いであってもクーリングオフはないのです。

「勧誘がひどいし、断るのが面倒だから契約しといて、あとでクーリングオフしよう」
「なんとなく契約したけど、やっぱりやめよう」ということはできませんので、その場できっちり断るようにしましょう。

トップへ


医療脱毛の注意事項|さまざまなトラブルを回避のに便利記事一覧

Vラインとはビキニラインのことで、ショーツで隠れる部位に生えている毛を言います。Iラインは陰部周り、Oラインは肛門周りの毛を言います。これらをまとめて「VIO」と呼び、VIOの毛を脱毛することを「VIO脱毛」あるいは「衛生的な」という意味の英語を使って「ハイジニーナ脱毛」と呼ぶこともあります。もちろん、医療脱毛でもVIO脱毛が可能です。毛が濃く、レーザーの浸透も良いことから効果が比較的早くでて、4...

クリニックは脱毛サロンとちがい、店舗数(医院数)が少なめです。このためベッド数がサロンより少なく、予約が取りづらい傾向にあります。平日の昼間や、休日の午前中は比較的すいているのでこの時間帯に行ける方なら、予約で苦労せずに済むでしょう。夕方〜夜や、休日の午後に行きたい方は、予約が取りやすいかどうかカウンセリングで確認してから契約しましょう。クリニックの場合、通う回数はサロンほど多くありませんので「気...

肌が乾燥していたり、極度に日焼けしていると施術ができない場合があります。施術前は日焼けしないようにしましょう。またローションや保湿液でしっかり保湿しておきましょう。潤いのある肌のほうが、医療レーザーの光が浸透しやすく脱毛効果が得やすくなります。施術前にシェービングしていくクリニックがほとんどかと思いますがシェービングしたときも保湿を忘れずにしておきましょう。施術後の注意を守ろうクリニックで脱毛した...

脱毛サロンやクリニックで契約するとき、気をつけたいのが「脱毛範囲」です。「腕脱毛」と聞くと、腕の付け根から指先まで脱毛できるように思いますが、実際腕は「ひじ上」「ひじ」「ひじ下」「手の甲指」に分けられていることが多いのです。同様に「足脱毛」も「ひざ上」「ひざ」「ひざ下」「足の甲指」に分けられています。背中に関しては「背中上」「背中下」に分けられてる場合もあり、取り扱いはサロン、クリニックによってま...