安くするための裏ワザ

とことん安く脱毛したいと思ったら「脱毛サロンを掛け持ちする」という方法があります。

脱毛はひとつのサロンでしなければいけないという決まりはありません。

たとえば産毛の多い腕は、エステサロンの「腕まとめてセット」を利用して脱毛し、毛の多いワキは医療レーザー脱毛のキャンペーンを利用して、早くきれいに脱毛するという方法もあります。

VIOをキャンペーン価格で扱っているサロン、脇キャンペーンで通い放題のサロンなど、キャンペーン内容もそれぞれ違うので、そのサロンで一番安いものだけ契約して、他は他サロンで脱毛していけば、一番安く脱毛できます。

安くする裏技

ただ、掛け持ちするとあちこち通うのが面倒というデメリットもあります。
都心部であれば、サロン同士隣接しているということもよくあるので
掛け持ちするときは通いやすい立地のサロンを選ぶと良いでしょう。

「特典をフル活用する」という方法もあります。
脱毛サロンで良くあるのが「お友達紹介特典」「バースデー特典」です。

施術が3000円〜8000円くらい安くなる割引チケットや「Sパーツ1回無料プレゼント」など、特典はサロンによって違います。最初は安いプランで契約しておいて、特典を得たら、都度追加契約していくと、最初にまとめて契約するよりずっと安く契約できます。

お友達紹介特典は、顔を知ってる相手だけではなく、ネットで知り合ったひとを紹介しても得られます。ツイッターやフェイスブック、mixi等で「私、○○サロンで脱毛してるので、紹介できます」と言っておけば「紹介してほしい」という方が現れて、特典をもらえるチャンスが広がります。

トップへ

脱毛に関する基礎知識|ムダ毛に関するコラム記事一覧

いま見えている毛、それらは全体の毛の3割ほどです。毛には生えかわる周期があり、毛と毛根がつながっていてどんどん毛が伸びている「成長期」、毛と毛根が離れて抜けようとしている「退行期」、毛がまったく生えていない状態の「休止期」があります。脱毛の光は、黒いものを伝っていく性質があり、生えている「成長期の毛」に当てることで毛根まで熱がつたわり、毛根の組織を壊して脱毛できるという仕組みです。毛根と毛がつなが...

毛の量は男性のほうが多いように思いますが、実は産まれた時点で毛穴の数の男女差はほぼないのです。ではなぜ、男性の方が体毛が濃く、太くなってくるのでしょうか。それには「男性ホルモン」が関係しています。男性ホルモンの一種である「テストステロン」が、毛の組織に「毛を生えさせろ、太く濃くしろ」と指令しているのです。思春期になり、二次性徴を迎えるころ男性と女性のホルモン分泌に差がうまれます。男性は男性ホルモン...

毛穴が開いていると、ボコボコしてみっともないですよね。毛穴を引き締めることで化粧ノリも良くなり、つるっとしたきれいな肌に見られます。顔だけでなく、ボディの毛穴も引き締めることは可能です。まず、毛穴に詰まっている汚れを取り除きましょう。ゴシゴシすると肌に刺激になってしまうので、洗顔料や石鹸を泡立てて使います。毛穴に詰まった汚れの多くは皮脂ですので、皮脂を溶かすために水ではなく温かいお湯で洗うといいで...

脱毛サロンというと、スタッフが施術してくれるところと思いがちですが、実は「自分で施術できるサロン」もあります。脱毛機が置いてあり、自由に使っていいのです。自分で施術できるタイプのサロンは「時間制」で、時間内であればどこを施術しても良いので、自分の好みにあわせた脱毛ができます。自分で施術するタイプのサロンは、施術してもらうサロンほど多くありませんが、個人経営のサロン等は経費削減のために「セルフ式」を...

脱毛すれば二度と毛は生えてこないと思っている方、それは勘違いです。まず、永久脱毛の定義ですが、「一生毛が生えてこない」というものではありません。永久脱毛とは「高い確率で長期間毛が生えてこない状態を維持できる」というもので、米国電気脱毛協会では「最後に行った脱毛から1ヶ月後の毛の再生率が、20パーセント以下であること」を永久脱毛の定義に据えています。つまり20パーセント以下の毛は、脱毛施術を受けたあ...

外人から見ると、日本人のVIOは「子供みたい」なんだそう。アンダーヘアを手入れせず、生えたままにするのは、外人からすると考えられない行為らしいのです。「なんでそんなふうに思うの?」「そのままでも問題ないじゃない!」と、日本人的には思いますよね。このあたりは美意識のちがいで、たとえばあなたも手入れされていないぼーぼーの眉毛を見かけたら「眉くらい剃ったらいいのに」「整えたら、きれいなのにな」と思いませ...

毛を頻繁に剃っていると、だんだん濃くなったり、太くなってくるように思いませんか?でも、毛そのものは、太くなったり色が濃くなってくるということはないのです。剃ることで毛穴が広がり、毛の断面がはっきり見えるようになることで「濃くなった」「毛深くなった」と感じるのです。また肌が刺激されることで、毛穴そのものが増えたり広がったりしている可能性もあります。毛を剃らずに放置しておくと、濃くなった毛はだんだん元...

ニキビと無駄毛は関係していると知っていますか?ニキビができる原因は、毛穴に汚れや皮脂、アクネ菌、マラセチア菌が溜まることです。詰まった汚れや皮脂を餌として菌が増えることで、肌が刺激され、炎症を起こしてニキビになります。つまり毛穴が大きく広がっていると、汚れや皮脂もたまりやすくなるので、ニキビができやすいということです。脱毛することで毛穴は引き締まります。穴がちいさければ汚れも菌も入りこみにくくなり...

「食事で毛が薄くなるなんて、そんなわけない!」と思いがちですが、食事と毛は密接な関係にあります。毛とホルモンは密接な関係にあり、そのホルモン分泌に食事が大きく関わっているからです。毛が濃くなる理由は「男性ホルモン」にあるわけですから、なるべく男性ホルモンを作らず、女性ホルモンを意識して分泌させることで、体毛が濃くなったり太くなったりするのを抑えることができます。まず男性ホルモンを活発にさせる食べ物...

「毛なんて気にしないよ」という男性は残念ながらあまりいません。きれいにお化粧してかわいい服を着ているのに、ムダ毛がボーボーですと・・・「だらしない」「清潔感がない」と思われてしまいます。実際「毛深い女子」に対して、男性はどう思っているのか聞いてみました。できれば剃って欲しい(32歳営業)好きになった子が、腕毛すごくて正直萎えた。もう少し気を使った方がいいと思った。毛がないほうが、さわり心地もいいし...

脱毛方法には医療レーザー脱毛や脱毛サロンの光脱毛のほか「針脱毛」「ワックス脱毛」があります。針脱毛とは、毛穴に細い針を差し込んで、電流を流して毛根を破壊する方法です。確実に毛を失くすことができますが、一本ずつ処理していくので時間がかかります。また痛みもあり、費用もかかります。針脱毛は、目立つ毛を数本処理したいときや脱毛完了後に2〜3本生えてきてしまった毛を処理するときに便利です。ワックス脱毛は、ジ...

学割を実施しているサロン、クリニックは多数あります。学割制度を使うことで、5%〜10%くらい安く契約できるので、学生のうちの契約がお得です。ほとんどのサロン、クリニックで学割は「卒業する3月末いっぱい」まで適用されます。卒業式が終わってからでも間に合いますので、春休みの間に行ってみましょう。学割を適用するためには、学生であることの証明が必要になりますから、学生手帳などの身分を証明するものを必ず持っ...

毎日のムダ毛の自己処理から開放されたい!そう思ってサロンやクリニックに通い始める方が多いようです。確かに毎日、時間を使って処理するのは面倒ですよね!でも時間だけでなく、意外と辞めてみないと分からないものに気が付くはずです。毛穴が引き締まる毛がなくなると、毛穴は閉じます。脱毛後しばらくは開いた状態なので「本当に引き締まるの?」と心配になる方も多いかと思いますが肌の産まれ変わりを待ってみてください。肌...